top of page

スキップフロアのある住まい



スキップフロアとは


スキップフロアにあこがれる人も多いと思います。

当社でも様々な施工例がありますが、今回はスキップフロアのメリット・デメリットを開設したいと思います。



スキップフロアとは、床天井の一部の高さを変えることで生まれる空間構成です。


スキップフロアのある住まいは、家族の趣味を充実させてくれたり、光と風を家の中に程よく取り込めたり、空間にメリハリがついたり…とメリットがたくさんあります。


外観から見れば一般的な2階建ての家に見えますが、

スキップフロアのある住まいの構造は、3層~5層になっているプランもあります。





スキップフロアのある家は、縦横に伸びる空間が特徴的で、

デザイン性も高いため人気です。



スキップフロアのメリット


・視覚的な広さを実感

空間が縦横に広がるので、視線が多方面に伸びることで、

視覚的に広がりを感じることができます。




・程よいコミュニケーションを育む

家族がそれぞれの空間にいても、

程よい距離で繋がっているため、コミュニケーションを育みます。





・おしゃれな印象を与える

空間がリズミカルに繋がり個性的。

独創的でおしゃれな印象を与えてくれます。


・風通し、採光性がよい

窓の配置や間仕切りの工夫により、

家の中に風と光の通り道ができるため、心地よく過ごせます。


・階段下スペースの有効活用

階段の下に空間が生じるため、

収納スペースを適所に配置でき、居住空間はいつもスッキリ!




・空間を無駄なく活用できる

スキップフロアは基本廊下が無く、スマートな設計です。

狭小地で建てる場合も、空間を無駄なく有効活用できます。



スキップフロアのメリット

・設計施工力がマスト

機能的かつ暮らしやすいプランニングが重要になるので、

実績とノウハウのある設計者に依頼することをお勧めします。

生活音やプライバシーなどで後悔する事例もあるので、気を付けましょう。


・コストが掛かりがち

階段などによる材料や、大工の手間費用など、コストが上がる場合も。


・掃除が面倒

掃除機をかける場合など、持ち上げたりコードを抜き差ししたりと手間がかかります。

ロボット掃除機にも制限が生じる場合もありますね。




・目的が無い空間になりがち

目的を持った設計がなされない場合、使わない空間が生じることも。

設計時から、「収納」や「趣味」、「将来はこうしよう…」など、目的が大切です。



まとめ

スキップフロアの特徴を理解した上で、検討してみてはいかがでしょうか。

設計施工については、ノウハウや実績がある当社にお任せください。

お好みや暮らし方に合わせて、多彩なプランでお応えします。

スキップフロアの家は実績や施工力がカギになると思いますので、

まずはこちらの実績も参考にしていただきながら、家づくりをご検討の際はお気軽にご相談くださいませ。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。




Comentários


bottom of page