つづくと出会い、つづくで家を叶え、 つづくで働きました!

現在、株式会社つづくで働くFさん。

当初自邸を求めて同社と出会い、

そのご縁から今に至る。

Fさんの家づくりストーリーと、

つづくの家づくりの魅力について綴ります。





家族構成:ご夫婦、お子さま6歳 3人家族

竣工年月:2021年11月


結婚してすぐに家を持ちたいと考えたというFさんご夫婦。

当初はご主人のお母さまと同居して。

自分たちの家が欲しいと、結婚してすぐに考えていたそうです。


その後、同じ敷地内で家を求めることに。


家を建てようと考えたときから状況が変化。


情報収集…、予算とかがわからなかった。

家を建てるってどういうこと????




しかし!

「コロナ前だったのでアクティブでした!!

地域のフリーペーパーから片っ端から10社ほどの企業を巡った!

すぐ建てたいという意慾が満載でした!!」と奥様。



ざっくりした話はどこの企業も教えてくれたが…。


そんな中、都築社長に出会いました!




これまで多数のビルダーさんの担当の方と打ち合わせしている中、

「ここまで打ち合わせしてもらって、

まだ判子を押さなくていいの!?

他の会社とはちょっと違う感じがしました…!!!!



ざっくりとして見積もりとか、本来なら手付金がいるとおもうことも、

都築社長は柔軟にしてくださった!


イメージが湧いてから、契約させていただきました!!!



「多分私たちを信じてくださっている面が大きかった。」


都築社長は、とにか迅速、柔軟な対応で、

「とっても親身になってくださる都築社長って、すごいな!!」

と感じました。



私たちが、「つづくでお願いしたい」というスタンスで対応していたのもありましたが、

「気持ちよく、契約することができました」



実は、当初からつづくさんが扱っている「 #カントリーベース 」さんの建材から知っていました。「何これ!めっちゃおしゃれ!!」と検索し、「 #飛騨高山 で取り扱っている会社があると知って大興奮しました!」



その後、つづくと都築社長を知り、Instagramの発信などもチェックしていました。

デザインコンクリートの取り扱いも知り、「建てるならつづく」と意欲的でした。


ご主人は、具体的な計画について、家にいる時間が長い奥様を尊重し、

綿密な進捗に進んでいきます。


「次の打ち合わせが楽しみで楽しみで!」


コロナ渦という時期もあり、

家を持つなら自分たちのこだわりを詰め込みたいという

意慾も高まりながらの家づくり計画。


バイクがご趣味であるゆえ、こだわりを分離させることでスムーズに。

バイク小屋(白い土蔵)はご主人が、その他の居住スペースに対するこだわりを都築社長に伝えた。




結果、都築社長が全体的な調和を遂げる。


奥様が当初伝えた住まいに対するオーダー

#スタンプコンクリート をベースにしたブルックリンテイストのインテリア

 ⇒欲しかったのは、

#男前インテリア#インダストリアル#ブルックリン

そのこだわりについて、真っ先に都築社長と共有の上、家づくりを進めたそうです。

・回遊動線(キッチン及びリビングから水回りへアクセス)のプラン、敷地ぎりぎりまでまどりを拡張! #パントリー を広く取りたい






家づくりに没頭した奥様は、インスタグラムのおうちづくりアカウントをチェックして、毎回打ち合わせに備えたそう。「施主さんたちがこだわったポイントを参考にしたりしながら、自分の求めるデザインを追求しました」


つづくが手掛けている #WRAPSHOME

その中にある #BROOKLYN STUDIO を都築社長から提案され、

完全にほれ込んだという奥様。

「あ!もう、これこれ!!!とドはまり!」

そのパンフレットを手に取りながら、ご自身のこだわりを注入しながら、

想いを詰め込んだ住まいを創造しました。






「特に一階部分については、まったく妥協しませんでした!」

「がっつり『自分の好き』を詰め込みました!」


元々DYIが大好きだったという奥様。

旧家でも、元々の塗り壁に石膏ボードを張ったり、穴が開いていたらそれをニッチなデザインに修繕したり、自分の住みやすく好きなデザインにしようと手を加えていたそう。

深めていくうちに、建築知識の必要性という壁に直面することも。






当初勤務していた会社で、「DIYアドバイザー」の資格を取得し、

蛇口やドアノブの付け替えなどの仕事をしていくうちに、

建築ジャンルへの興味関心が深まっていたFさん。


「家建てる仕事って楽しそうかも!!!」






その気持ちと家づくりのタイミングが相まって、

楽しすぎてもう一件家が建てたいと思うほどに気持ちが高まり…。


「つづくに就職したい」

そう、社長にお願いしたそうです。

そして、Fさんは株式会社つづくの営業職に就きました。



「知識の引き出しが増えることが今の楽しみです」

と、意欲を語ってくださっています。